一般歯科とは

歯科医院に行った時にこんなことはありませんか?

一般歯科とは、むし歯と歯槽膿漏の治療、および歯牙欠損部の補綴(おぎなうこと)を主とする歯科診療のことをいいます。

簡単に言うと、むし歯や歯の根、歯周病などの治療、さし歯、入れ歯、予防など、歯とお口に関する病気の治療を行います。

これは、歯科がもともとメインとして行っている内容ですが、小児歯科、矯正歯科、口腔外科など新しく専門標榜科が生まれたため、これらと区別する意味で用いられます。

普通の歯科医が行っている治療と考えて問題ありません。

一般歯科とは

治療方針

治療方針

小寺歯科医院では、Zeal(熱意)・Smile(笑顔)をモットーに、患者さまの話をよく聞いて適切に説明するために説明机を設け、1人1人のお口の状態に合わせたアドバイスと、丁寧な治療をご提供しております。

毎日、治療をしている我々には患者さまは「one of them」になってしまいがちですが、治療する患者さまにとっては「only one」です。

このことを忘れずに治療することを心掛けています。

3mixの使用

むし歯が深い場合は神経に近づいたり、神経が出てしまったりして神経を取らなければならないことがありますが、3mixという薬を用いた治療は、これまでの歯科治療とは違い、極力歯を削らずに、神経を残したまま、人が本来持つ「治る力」を使ってむし歯を治す療法です。

まずむし歯のある部分に抗菌薬を塗る分のみ少しだけ削ります。

上から樹脂を被せフタをすると、むし歯部分の細菌が死滅します。さらに1年ほどで、新しい再石灰化(象牙質)が再生され、元通りの歯の状態に回復します。

従来の方法に比べ、断然痛みがありません。

また、今までなかなか治りにくかった根の先の病気にも3mixは効果的です。

当医院では神経の治療の際に3mixを使っております。

3mixの使用
ページトップへ